配信元:Discovery

スポンサードリンク

Xスポーツ

超速ウィンタースポーツ「スケルトン」をVRで体験!

投稿日:2019年4月12日 更新日:

ウィンタースポーツといえばスキーやスケートを思い浮かべる方も多いかと思いますが、今回ご紹介するのは時速140㎞にも達する驚異のスピードスポーツ「スケルトン」!

冬季オリンピックの正式競技種目でも有るスケルトンは、人間が弾丸のようにコースを滑走する姿が特徴的な、未経験者には想像もつかない世界のスポーツ。

極限まで速さを追い求めるスタイリッシュな滑りをアスリートの視点から体験してみました。

 

YouTubeでみる

耳をつんざく轟音!世界が回る!

動画再生が始まると、早速コースへ身を投じるアスリート。
すぐに急勾配の坂を滑り降り、ソリは速度をぐんぐん上げていきます。
この空気を割るようなザリザリと細かい発破音のような鈍い音と、大きな揺れから伝わる激しい振動が身を震わせ、これだけで絶叫ものが苦手な人は涙ぐむかもしれません。

縦横無尽に角度を変えて滑走するので、その都度思わず体が傾いてしまいました。

急カーブは進路の先を見ることも出来ず、全てが一瞬で過ぎ去っていくのでどんなコースだったかも思い出すのが難しいです。

そして最後はクッションに突っ込みフィニッシュ!

オールシンプルな極限スポーツを体感せよ!

元々は頭を下にして滑走する競技ではなかったスケルトン。

1887年の大会でコーニッシュという選手が頭を下にした態勢で滑走したところ、その速度は世界中を驚愕させ、スケルトンの滑り方そのものを彼のスタイルに変えてしまうという革命を起こしました。

この動画でもわかりますが、鼻先10cm前後に氷床がある状態で車の倍以上の速度で奔リ抜けるのは、恐怖以上に日常を忘れ全てをふっとばしてくれるほど爽快!
視界にあるのは氷と流れていくコースのみ。

ぜひVRゴーグルを装着してうつ伏せに寝転がった状態で視聴していただきたいです。

180度後ろの世界も?腕や足の動きに注目

正面を向いていると自分の視界から外を見ることになりますが、視点を180度真後ろに向けてみましょう。

そこにはアスリートの体があり、スタート時・滑走中・ゴール前で腕足の動きが全く違うことがわかると思います。

スタート時は押し出してもらった足をピンと伸ばし、滑走中は振動に煽られながら一定以上動かないよう保ち、ゴール前は減速するためにコースに引っ掛けています。

アスリート自身の体の大きなブレが振動の大きさも一層伝えてくれて、正面を向いているだけではわからない「滑っている姿」がよくわかり、大迫力の体験ができますよ!

Skeleton Racing: Charge Head First (360 Video)

Skeleton Racing: Charge Head First (360 Video)
8

画質の良さ

7.0 /10

面白さ

8.0 /10

没入感

9.0 /10

ここがオススメ!

  • 画面にガイドが出る
  • ジェットコースターのような爽快感
  • 衝撃や振動がよく分かる

ここがイマイチ!

  • 画質が荒い
  • 雑音が大きい
  • 滑走時間は1分程なので再生時間が短い

この動画が気に入ったら
いいね ! して最新情報をゲット!

こちらもご覧ください

この記事を書いた人

やまー フリーライタ

子どもの頃からゲームに親しみ、現在はポケモンGOとPS4で出来るVRに興味津々なWEBライター。
いろんなWEBサイトのコラムを担当しており、特にサブカル関係には強い。

VRの未来に興味があり、今後のVRの発展がどのようになるのか、ワクワクが止まりません!

AD
AD

VRレビューランキング

超リアルな恐竜に手がとどく!? 壮大な恐竜世界を体験せよ!

これは必見!日本…いや世界の子どもたちが憧れる恐竜がそこに!!

いやこれ、本当によく見えますよ…
振り返ったらトリケラトプスの顔が!
また振り返ったらティラノサウルスの牙が…!!

VRならではのホラー体験!!ジャパニーズ・ホラーの真骨頂を味わおう!!!

閲覧注意情報発令中…!!

怖い!…けど、つい見ちゃう!!
という感覚でしょうか?
リピーター続出の「ハマる」ジャパニーズ・ホラーをご堪能下さい!!!
…でも、あまり深夜には見ないほうがいいかもしれません。

-Xスポーツ
-, ,

Copyright© VRレビュー , 2019 AllRights Reserved.