配信元:spletno Delo

スポンサーリンク

Xスポーツ

どこまで飛べる?VRでスキージャンプを体験!

投稿日:2019年1月25日 更新日:

スキージャンプといえば日本人選手も多いウィンタースポーツのひとつ。
巨大なコースの上を悠々と滑空する姿は鳥のようで、憧れる人も多い競技ですね。

ターンしたり回転したりと言ったアクションや採点方式の競技とは異なり、飛距離だけで勝敗を決するシンプルな勝負性も人気要素!

今回ご紹介するVR動画では、そんなスキージャンプをアスリートの目線から体験できちゃいます。

 

YouTubeでみる

奔って飛ぶ、その一瞬を感じろ!

舞台はスロベニアのスキー場。
賑わうジャンプ台でアスリートがジャンプに備えてセットし、板と足の接続もしっかり安全確認。

滑走を開始するとそのスピードがとんでもない!
急勾配なので初動から猛スピードですが、更にぐんぐん加速していき、ついにジャンプ!

耳を荒らす風の音が凄まじく、着地後ようやく減速。
びっくりするのは加速中とジャンプしてから滑空している間、ほとんどそのスピードが変わらないということ。

ジェットコースターにでも乗っているかのようなスピード感ですね。

耳を塞ぎたくなるような風の抵抗を実感

スキージャンプは少し強めの風が吹くだけでも大きな影響が有るスポーツです。
追い風ならばいいですが、向かい風や横からの風がある場合は飛距離が数m以上変わってしまうそう。

風の抵抗を可能な限り抑えてより遠くまで跳ぶことが重要な種目であるため、「風」を肌で感じるスポーツとも言えるかもしれません。

この動画でも滑走から着地後の停止まで始終風を切る音が激しく、アスリートの身体を見れば風の抵抗を受け流したり受けたりと利用している事がわかります。
スピードを出す際と滑空中は胴体にピタリと付けて抵抗を減らし、ジャンプ後は減速のためか腕を広げています。

バランスをとるためでも有るのですが、この微妙な調節が大きく影響するスキージャンプは意外と理系向きかもしれませんね。

慣れたら周りをよく見る?ジャンプの研究にもGood

何度か繰り返し視聴してみたのですが、最初は正面以外を見る余裕がありませんでした。

跳んだタイミングも初回ではちょっと分かりづらくて、2回目の視聴で「減速せずに跳んでた」とびっくり!

何度か視聴したあとに真後ろ・真上・真下を見るようにしてみると、前述の風の抵抗を受け流す姿勢などに気づきます。

こういったアスリート視点の動画を体験できるだけでなく記録ができるようになったことで、数年で平均飛距離が大幅更新されるというスキージャンプの世界に更なる加速がかかるかも!?

研究してみたいみなさん、まずはこのVR動画を試してみませんか?

Planica360: Skok z Goriskove letalnice

Planica360: Skok z Goriskove letalnice
7.3

画質の良さ

7.0 /10

面白さ

7.0 /10

没入感

8.0 /10

ここがオススメ!

  • 実際の競技会場
  • アスリートの動作が逐一わかる
  • リアルさを感じさせる風の雑音

ここがイマイチ!

  • 人によっては風の音が耳障りかも
  • 再生時間が短い
  • 動画についてのガイドなどの編集は特にない

この動画が気に入ったら
いいね ! して最新情報をゲット!

こちらもご覧ください

この記事を書いた人

やまー フリーライタ

子どもの頃からゲームに親しみ、現在はポケモンGOとPS4で出来るVRに興味津々なWEBライター。
いろんなWEBサイトのコラムを担当しており、特にサブカル関係には強い。

VRの未来に興味があり、今後のVRの発展がどのようになるのか、ワクワクが止まりません!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VRレビューランキング

超リアルな恐竜に手がとどく!? 壮大な恐竜世界を体験せよ!

これは必見!日本…いや世界の子どもたちが憧れる恐竜がそこに!!

いやこれ、本当によく見えますよ…
振り返ったらトリケラトプスの顔が!
また振り返ったらティラノサウルスの牙が…!!

VRならではのホラー体験!!ジャパニーズ・ホラーの真骨頂を味わおう!!!

閲覧注意情報発令中…!!

怖い!…けど、つい見ちゃう!!
という感覚でしょうか?
リピーター続出の「ハマる」ジャパニーズ・ホラーをご堪能下さい!!!
…でも、あまり深夜には見ないほうがいいかもしれません。

-Xスポーツ
-, ,

Copyright© VRレビュー , 2019 AllRights Reserved.